日々のコラム 時代と向き合いながら生きて行くために)
  
  ・若狭湾・老朽原発の再稼働(5.5)

  ・テレビ制作者は今も「放送人」か(4.26)
  ・真実の世界を壊す政治の嘘(4.8)
  ・科学的に見て合理的に行う(3.28)
  ・最悪のケースに怯えた日々(3.13)
  ・誰を見、誰に寄り添うのか(3.3)
  ・コロナが促す「脱」の世界(2.19
  ・国家の未来像を描くために(2.6)
  ・デジタルとAIをどう使うか(1.27)
  ・若者の感染を抑え込めるか(1.15)
  ・閉塞日本の突破口はどこに(1.3)
  ・叩き上げ首相の危険な体質(12.17)
  ・迷走する日本のコロナ対策(12.6)
  ・何が民主主義を殺すのか?(11.25)
                [以前の記事]
 
                   
        

メディアの風 開局宣言」 「プロフィール


コラムジャンル別一覧(2005〜2021)

メディアの風

PDF版「原発事故を見つめた日々」







            

「風」の日めくり (残りの人生と向き合うために)

  ・徐々に動き出した出版計画(4.20)

  ・残り時間が気になりだして(3.18)
  ・膝痛も生きる証か老いの春(2.9)
  ・初護摩の堂に祈りは満ちて(1.8)
  ・コロナ後の夢を夢見て冬の星(12.13)
  ・コロナ禍の日を淡々と冬隣(11.12)
  ・コロナの季節は夏から秋へ(10.17)
  ・猛暑の夏を自宅で乗り切る(9.26)
  ・いつまで続く?一日一句A(8.20)
  ・いつまで続く?一日一句(8.5)
  ・コロナの暗雲の下で淡々と(7.6)
  ・孫たちのコロナショック(6.15)
  ・先が見えない状況を生きる(5.20)
  ・新型コロナに怯える日々C(4.22)
              [以前の記事] 

NO.28(2020.4.1)

NO.17(08.4.5 完成版)

NO.26(2018.2.20)























       定年後の体と心 定年後に初めて直面する体と心の変化。日々の暮らしの中でその「未知との遭遇」を見つめます。

      楽しい読書生活 読書の追憶を日々の生活の中にひも解きながら、作家の世界観に触れてみたいと思います。    

       MYギャラリー  2006年秋から描きはじめた「絵のようなもの」。それぞれに制作過程もコメントしてみました。

       メディア時評  2005年から2010年までのメディア時評一覧

        私の仏教探求  終末へのソフトランディングの知恵を探求しようと思います。

 
since '05.06
 

       Copyright (C)2020. All rights reserved 



                                                                  
NO.27(2019.9.2)

 市民の立場で 時代の風を読み 生き方を考える