日々のコラム 時代と向き合いながら生きる)
  
  ・日本の良さを知って襟を正す(6.4)

  ・AIとの対話「もののあわれ」(5.19)
  ・AI化した社会に生きること(4.29)
  ・静かなる有事の国家ビジョン(4.10)
  ・言葉のリアルが消えゆく時代(3.21)
  ・政治を国民の手に取り戻す(2.6)
  ・木はみえても森が見えない(2024.1.17)
  ・どうする?日本の多死時代(12.21)
  ・時代の目撃者としての余生(11.28)
  ・時代を切り拓いた創造者たち(11.4)
  ・政権維持だけの不人気内閣(10.19)
  ・兵士に死を強いる歪んだ論理(9.26)
  ・急進する温暖化に科学は?(9.2)
  ・揺らぐ専守防衛と新しい戦前(8.15)
                [以前の記事]
 
                   
「風」の日めくり (残りの人生と向き合うために)

  ・問いが根源的になる世界情勢(6.11)

  ・限りある命ともののあわれ(5.5)
  ・4年ぶりに色塗りの試行錯誤(3.13)
  ・平凡ながらも刺激的な日々(2.19)
  ・年明けの我が家に起きた激震(2024.1.23)
  ・憂い多き時代を軽き心で(12.27)
  ・猛暑のトラウマを乗り越えて(10.28)
  ・起きたら、その時に考える(9.7)
  ・命のつながりを感じる夏に(8.6)
  ・頂いた猶予を大事にしながら(7.2)
  ・78歳を迎えて幾つか想うこと(6.2)
  ・喜寿越えで模索する新フェーズ(5.4)
  ・AI元年の中の老境の日々(4.2)
  ・世界情勢の背景を探る勉強会(1.31)
              [以前の記事] 
























     2021年12月自費出版(ネット版)
        メディアの風 時代と向き合った16年」(上巻) 「メディアの風 時代と向き合った16年」(下巻)
     2013年自費出版PDF「原発事故を見つめた日々」                          

      定年後の体と心
 定年後に初めて直面する体と心の変化。日々の暮らしの中でその「未知との遭遇」を見つめます。

      楽しい読書生活 読書の追憶を日々の生活の中にひも解きながら、作家の世界観に触れてみたいと思います。    

      MYギャラリー  2006年秋から描きはじめた「絵のようなもの」。それぞれに制作過程もコメントしてみました。

       メディア時評  2005年から2010年までのメディア時評一覧

        私の仏教探求  終末へのソフトランディングの知恵を探求しようと思います。

 
since '05.06

 

 
      Copyright (C)2024. All rights reserved 



                                                                  
        

NO29(2024.3.13)

メディアの風

2023年5月出版(一粒書房)
「いま、あなたに伝えたい。ジャーナリストからの戦争と平和、日本と世界の大問題」
 紀伊国屋書店Amazon一粒書房 定価(税込み1650円)







            

NO.26(2018.2.20)
NO.27(2019.9.2)
NO.28(2020.4.1)

 プロフィール

メディアの風 開局宣言

 市民の立場で 時代の風を読み 生き方を考える