(一覧2005〜2017)
   ホームページ制作日誌、発想の種まき、老後の雑感、折に触れて見つけた言葉を。
(2017)
(1月)◆多様で密度の濃い一日を(4月)◆新たな始まりに向けて
(5月)◆4月はゆっくり、5月から(6月)◆72歳・まだ時代と格闘する?
(7月)◆猛暑にサイゼリヤが閉店(8月)◆第2の書斎を見つけて
(2016)
(1月)◆グループ・オブ・セブンの画家たち@グループ・オブ・セブンの画家たちA
   グループ・オブ・セブンの画家たちB
(2月)◆
森の魂を描いた女性画家エミリー・カー@森の魂を描いた女性画家エミリー・カーA
(3月)◆
森の魂を描いた女性画家エミリー・カーB森の魂を描いた女性画家エミリー・カーC
   睡眠薬のような心地いい風景
(4月)◆何かと忙しかった3ヶ月◆(5月)意外に大変だった摘出手術「電子の森」で迷子になる!
(6月)◆術後2ヶ月、回復の日々◆(7月)あと5年の「バケットリスト」(8月)◆カナダ国立博物館巡り
   カナダ国立戦争博物館@カナダ国立戦争博物館Aカナダ国立戦争博物館B
(9月)◆カナダ国立人権博物館@カナダ国立人権博物館Aカナダ国立人権博物館B
(11月)◆娘のお産に付き合った80日(12月)◆紅葉最後の京都行き
(2015)
(1月)◆ストレスをやり過ごした日々(2月)◆70歳になったら(3月)◆「老人性イライラ」を笑う
(3月)◆何かと忙しかった3月(4月)◆桜と始まりの4月(5月)◆70歳の大台に乗って
(6月)◆58年振りの小学校同窓会◆(7月)4年振りの「絵のようなもの」
(8月)◆93歳の母の死と葬儀(1)93歳の母の死と葬儀(2)
(10月)◆ある先輩への手紙(11月)◆母死後の「きょうだい会」
(2014)
(1月)◆古希と、大学卒業と (3月)◆92歳の春「今が一番幸せ」(4月)◆しみじみとした会食
(5月)◆
ああ無情!(6月)◆「伊勢畑ふるさと村」開所式大英帝国の残り香を探す
(7月)◆人生の下り坂を生きる(8月)◆夏のカナダ、チャーチル探検
(9月)◆たかが5分、されど5分(10月)◆「伊勢畑ふるさと村」便り
(11月)◆健康長寿の先輩に学ぶサバの寄生虫に当たる
(2013)
(1月)◆年の初めに願うこと「メディアの風」自費出版のこと
(2月)◆カナダ取材D鯨に魅せられた人々
(3月)◆自費出版、その後ジャーナリストは現場を目指す青年と、ある店の物語
(4月)◆老人になると言うことは?(5月)◆時代の目撃者として
(6月)◆最近のフェースブックから(7月)◆定年後3年、レイヤー化する私
(8月)◆2013年の夏の終わりに
(9月)◆島を食べ歩いた日々@プロローグ
(10月)◆食べ歩いた日々Aのどかな昼食?食べ歩いた日々B死ぬかと思った
    ◆
食べ歩いた日々C素晴らしい夕食食べ歩いた日々D草上の昼食
(11月)◆食べ歩いた日々E再びの試練食べ歩いた日々F島で食材を探す
    ◆
食べ歩いた日々G最後の晩餐
(12月)◆食べ歩いた日々Hエピローグ
    ◆
死にかけた日の物語(1)死にかけた日の物語(2)
(2012)
(1月)◆映画「はやぶさ 遥かなる帰還」
(2月)◆
サイゼリヤの片隅から(3)老人性モラトリアム?
(3月)◆老学者の人間賛歌と瑞々しさ風邪を引いて考えたこと
(4月)◆映画「マーガレット・サッチャー」春の花の季節に
(5月)◆ヨーロッパ・ツアーAライン川の記憶
(6月)帰国後のフェースブックから
(7月)◆大学で教えると言うこと北千住の居酒屋で話したこと
(8月)◆原発の暑い夏・貰ったメールから淡々と、流れのままに薄れゆく記憶を生きる
(9月)◆「原発ゼロ」のシナリオ後の状況
(10月)◆カナダ取材ブログから@、Aカナダ取材ブログからB
    ◆
カンボジアとベトナムのツアー
(11月)◆上海に緊急着陸の巻きベトナム・カンボジア紀行@カナダ取材ブログからC
(12月)◆ベトナム・カンボジア紀行A別れの季節にベトナム・カンボジア紀行B
    ◆
ベトナム・カンボジア紀行C
(2011)
(1月)昨晩の「ためしてガッテン」に拍手ハラハラドキドキの「映画な」日
     ◆
「一市民の立場から考える」と言うこと
(2月)◆「サイゼリア」の片隅から久和ひとみの輝きを受け継いで山里訪問と息子からのメール
   芥川賞「きことわ」を読んで「地産地消」とTPP
(3月)◆アカデミー賞映画「英国王のスピーチ」写真集「それでも笑みを」災害で強くなる人のきずな
   回向・東日本大震災横死者各霊非常時の中の日常生活テレビを見ていて感心したこと
(4月)◆瀬戸内寂聴さんのメッセージ日本人に見る「思いやりと覚悟と」
    ◆
一年ぶりの絵?NO.24絵?NO.24の「紆余曲折」
(5月)◆政治家という人種と日本の不幸風薫る五月の伊勢畑
    ◆
観光資源大国・イタリア「日本人」に泣ける
(6月)◆人生の第三ステージ木更津わたくし美術館
(7月)◆非日常が日常化する怖さフクシマの衝撃波が広がる
(8月)◆7月の美術展「絵を描く楽しさ」棚田の里・原発事故の夏日本の中小企業の底力
(9月)◆過去を振り返るということカナダ・博物館巡りに出かけますカナダからの帰国報告
(10月)◆スティーブ・ジョブスの演説
(11月)◆10月のフェースブックから母の卒寿の祝いサイゼリアの片隅から(2)
(12月)しつこく書き続けるということ
(2010)
(1月)マスコミと政治不信
(2月)◆小沢不起訴と検察、マスコミ絵のNO.23
(3月)◆ ZEDと等伯草原の椅子13日間で「名文」を
(4月)◆自然の香気漂う日本画・小野竹喬展火山噴火とスペイン旅行
   ◆
「今は昔の物語」2人の画家の展覧会
(5月)◆映画「セラフィーヌの庭」
(6月)◆今週の鑑賞・「芸術の力」について映画「クレイジー・ハート」など
(7月)◆人間を描いた映画「クレイジー・ハート」蓮の花の季節に
(8月)◆インプラントにしてみました老人軽視社会・母親の話から
(9月)◆メディア・リテラシーについて
(10月)のど元過ぎれば熱さ忘れる新聞の切り抜き作業
(11月)◆映画「遥かなるふるさとー旅順・大連ー」
(12月)◆定年・会社的価値観からの解放2010年の年の瀬に
(2009)
(1月)◆明けましてブログの熱いメッセージ不況が小泉改革を直撃
(2月)元気出そう日本!日本はどうすべきか役人根性とお役所体質
(3月)真夜中のメモノートから独裁を描いた映画政治と金政権交代の衝撃
(4月)サバンナの風◆(5月)◆寡黙なる巨人(6月)真夜中のメモノートから
(7月)◆
韓国歴史散歩カナダ旅行

(8月)◆Nスペと戦争責任裁判員制度で感じたこと政治の季節
    ◆
マニフェスト選挙とは今このときを楽しむ

(9月)◆絵心を探して更地に何を建てるか
(10月)HPのリニューアル構想新しいパソコンから民主党に何を望むか今日の記事
(11月◆雨が作る森「レイン・フォレスト」久しぶりのコラム

(12月)◆庶民感覚とのずれ「This is it」を観た?ヤフーブログを開設大みそかに
(2008)
(1月)◆謹賀新年HPの改修命の時間
(2月)◆ご先祖探し明日への遺言
(3月)抽象画の世界ウェブ上の「もう一つの世界」真夜中のメモノートから
(4月)◆春の命の芽吹き総選挙のススメ東山魁夷展
(5月)◆絵NO.18の完成版中国はどこへ向かうのか中国の環境汚染K君、何を見てるの?
(6月)◆中国雑感
(7月)◆パソコンVS携帯ある島の風景
(8月)米寿の俳句MYギャラリーの追加
(9月)◆2つの絵の同時進行日本の真の改革政治と政治家の劣化
    ◆
総裁選とマスコミパウル・クレー賛歌
(10月)◆絵の物語世界で何が起きているかアメリカ発の世界不況
(11月)◆癌化(がん)した資本主義時代のマグマが動く
(12月)不況が長引くわけバブル時代の麻薬
(2007)
(1月)◆迎春’07絵?のNO.8賞味期限
(2月)◆温暖化対策の岐路年老人ブログの時代
(3月)◆日本を幸せにする5項目緑の消費者中国・巨大ブラックホール説花の季節到来
(4月)爆発する技術進化敗北を抱きしめて敗北を抱きしめて(2)
(5月)◆美しい国よりも出世の本懐サプリメントの時代
(6月)◆久しぶりの絵?NO.11大地に足をつけて
(7月)◆苦闘の絵?NO.12大地に足をつけて(2)未来を変える80人大型台風接近!絵?のNO.13
(8月)◆富士山を間近に見るアメリカの終り
(9月)◆老年の脱・反抗期取扱い説明書?政党の自己改革安倍辞任の本質
    ◆
映画監督という仕事政策の対立軸とは?
(10月)◆ミリキタニの猫アメリカの底力Azusaからの便り絵?のNO.14秋祭り絵?NO。14の改修
(11月)◆秋の日の雑感@秋の日の雑感A
(12月)◆時代の閉塞感絵心って何だろう?日本は変われるか

(2006)
迎春若い世代へお勧めの本お勧めの映画「言葉探し」の難しさと楽しさ退院しました政党って何だ?民主党関連第3弾読者の感想新ロゴ登場!政治家以前の問題いま政治を考える理由桜幻想紀行長寿の遺伝子
(5月)なぜ「あれ」が?覚えているうちに藤田嗣治と靖国テロ事件以後の世界
(6月)
ブログの達人たちある予感投機社会への疑問地方美術館めぐり美術館続き富弘美術館
    ◆
若干の方針変更幼な子受難幼な子受難・続き日本溶解
(7月)幼な子受難B対話と圧力対話と圧力・続きパワーゲームもう一つの戦争責任戦争責任・続き
    ◆
日本国憲法第25条
(8月)◆
殺すべきか?韓国陶磁器、国宝巡り日本民藝館この国の姿・田舎
(9月)◆停止したHP日本人の戦争絵?を描く絵?の3作目
(10月)◆
絵?の4作目日本人の戦争A
(11月)
父親たちの星条旗泣きながら生きてあっという間絵?の6作目
(12月)◆芸術的一日絵?の7作目一年の終りに打ちのめされるようなすごい本

(2005)
基礎工事完了!老後同級生の死リンクエラーが直らない選挙に間に合うか?時の流れ2001年4月26日の日記2005年の9.11楽しい読書生活楽しい読書生活をアップ門外漢第四の権力?読書の秋一市民って何だろう?アメリカと言う教師身近な格差社会考える葦Yahooに登録!ニューヨークに行って来た戦争の手触り劇場型社会の観客として老後の初心写真を取り込む番組企画シリーズ社会の底知れぬ闇タイトル変更小泉改革の本質頑張りどころazusaのニューヨーク便りいい年の瀬だなあ